Tomo

記事一覧(7)

Interview with Partner

Q. How did you guys meet? Can you tell us in detail your story behind you forming the duo? We met at our university dining hall. We quickly realized we had many of the same interests and that we both played guitar. We started jamming and played in other bands together for several years. Then the summer of 2014 we moved into a house together and started writing the first partner songs. Q. Please tell us the origin of your group name, Partner and your experience or experiences when you decided the name.We picked the name Partner because we felt it reflected the vibe we were going for with our songs. Its kind of a joking name because lots of people use the term romantically but we are musical partners. Q. Out of all the recently released albums that are out, we were very excited to listen to your new album! Do you create the music together? How did you create and record all the songs?Thank you! . We recorded the album at Candle Recording Studio in Toronto back in 2016. We always start with a concept. When we think of a good idea the hook usually comes to us first then we fill in the verses and decide on the structure, then teach it to the band. It is important to us to always start with a solid foundation and then add the layers.Q. What meaning and feeling are put into the album title, “In Search Of Lost Time”?We named our album after the work of the same name by Marcel Proust. A lot of our songs reflect on the passing of time and feelings of nostalgia so it seemed very fitting. We decided on the name years before we finished the album. Q. Your songs in this album have many impressive guitar solo parts. We’re interested to know why you mainly use the guitar for your solo.Thanks again! We both love the guitar and we are very very indepted to classic rock. It has always seemed natural to us to punctuate songs with a guitar solo. It makes the song exciting and its a way to express beyond words. We dont currently know how to solo on other instruments but maybe some day we will have other types of solos too.Q. Your vocal harmonies are so beautiful and it catches our hearts. Your voices are very similar like twins. We heard you are co-frontman in your group. How do you decide on your parts?Thank you! We do often feel like twins. Usually we either decide based on which lyrics make sense for which personality, or Josee tends to sing the higher parts because she can sing higher. Sometimes we divide the verses and each write and sing our own.Q. With your two voices combined together in your songs, it makes us feel like we’re flying in the air and it feels good. We think your vocal harmonies are very unique and impressive. How do you create your vocal harmonies? Are there any artists who inspire or inspired you?Thanks! We are often compared vocally to the Breeders and Veruca Salt. We are inapired by that 90s style of vocal harmony for sure. We used to listen to a lot of 90s music and it definitely influenced our harmonies.Q.Your singing style changes depending on your songs, and we are surprised by your rich expressions, for example, a song can be soulful, pleasant, emotional and so on…. Did you intentionally change your singing style according to each song? How do you decide your singing style?The singing style comes from the heart! It comes out quite naturally and we just sing the way we feel the song should sound, which depends on the subject matter and the style of the song.Q. This whole album is like listening to a radio. We think it’s so interesting and unique. Did you have any particular concept regarding how you made this album and why you decided to create an album like this?Thank you. When we created the album we knew we wanted it to be fun and joyous and truthful. All the songs came from our hearts and we just wanted to share our truth with the world and have fun doing it. Q. The transition between all your songs is extremely smooth. We enjoyed this album like a whole story. Nowadays, in a world where we are able to download just one song from the entire album, we felt in this case, that your album was meant to be appreciated as one whole work. Were you particular about the order of the song? Did you think of the listener’s perspective while creating this album? Thank you! We were very particular about the order. We knew the songs had to be in a certain order to make sense and tell the story that was meant to be told. We wanted our album to be an entire experience for anyone who wanted to listen to it.Q. Please tell us artists who have influenced your group in regards to Partner’s musicality and what Partner is as a duo. Also, please tell us how they have influenced you in detail.We have been influenced by many many artists. Jimi Hendrix, Blink 182, Ween, Hole, Avril Lavigne, Metallica, Celine Dion, etc etc. Some of those inspired us when we were young, some have an attitude or a sound that we find inspiring, and they all speak their truth which is our favourite thing.Q. How would you like people to listen to this album?We would like them to listen to it however they can. They can buy the vinyl or cd, stream it, or borrow it from a friend. We appreciate every listener!Q. We’re looking forward to your next project! Please let us know if you have something coming up in the near future!Thanks! We are planning on recording an EP sometime soon and we will keep you posted.Q. Please give a message to your fans, here in Japan.Hello fans in Japan! Thank you for listening. Hope we get to come play for you soon!                                                                           [Answer from Partner]

Interview : Partner

Q. Partnerを結成したいきさつを教えてください。私達は大学のカフェテリアで出会ったの。出会ってからすぐに、興味を持ってることにたくさん共通点があるって分かって。二人ともギターを弾いてたし。私達は何年間か一緒に演奏を合わせたり、他のバンドの中でも演奏したりしてきた。それから2014年の夏に、一緒に一つの家に引っ越して、最初のパートナーの歌を書き始めたの。Q. Partnerという名前をつけた理由を教えてください。私達が求めている曲のバイブスをPartnerって言葉が表していて、自分達の歌に合ってると思ったから、その名前を選んだの。たくさんの人がその単語をロマンチックな感じで使うから、冗談みたいなふざけた感じの名前だけどね。まあ、私達は音楽面でのパートナーだけど。Q. 最近聴いた作品の中でも非常にワクワクするサウンドでした。曲作りは二人で話し合いながらすすめておられるのでしょうか?今回、どういう形で行われましたか? ありがとう!このアルバムは、2016年にトロントのCandle Recordingスタジオでレコーディングしたの。私達はいつでもコンセプトを持ってレコーディングを始めるのよ。アイデアを練っていく段階で、まず最初にひっかかりがあって、それから歌詞を書いて、構成をきめて、バンドに伝えるの。いつも土台をしっかり固めてから始めることが重要だと思っていて、そこからどんどん作っていくのよ。Q.『In Search Of Lost Time』に込められた意味を教えてください。Marcel Proustの同名の作品にちなんで名前をつけたのよ。私達の曲の多くは時間の流れやノスタルジックな気分を反映していて、そのタイトルがすごく合ってると思ったの。アルバムを録り終える何年か前にもう名前を決めていたのよ。Q. ギターソロのパートが多い印象を受けました。なぜそういう曲の作り方をしておられるのでしょうか?ありがとう。私達は二人ともギターが大好きで、クラシックロックに夢中だから、ギターソロで曲を強調するのは自然なことなの。ワクワクさせる曲にできるし、言葉では表せない表現ができる。今は他の楽器でのソロのやり方は分からないけど、いつか別の形のソロをするかもしれないけどね。Q. あなたがたのハーモニーはとても美しいです。双子のように声質が似ているように思えました。お二人がバンドのフロントマンの役割を担っていると聞きましたが、どうやってメインパートとバックボーカルとの役割を決めておられますか?ありがとう!私達はよく自分達を双子みたいに思うことがあるわ。たいてい、どっちの歌詞がどっちの個性と合っているかで決めるか、Josée が高いパートを歌う傾向があるかな。彼女は高音を歌えるから。歌詞を分けてそれぞれが書いて、自分の書いた部分を歌うこともあるわ。Q. 二人が歌っているパートは浮遊感があって、とても心地よいです。コーラスの重ね方が独特で、とても印象的だと思いましたが、どのようにコーラスワークを作られていますか?参考にしている曲やアーティストなどはいますか?声に関しては、私達はよくBreeders やVeruca Saltと比べられるの。確かに90年代のボーカルハーモニーのスタイルには影響を受けてるかな。90年代の音楽をたくさん聴いていたし、間違いなく影響されていると思う。Q. ソウルっぽかったり、爽やかだったり、感情的だったり、歌い方に変化があって、表現力の豊かさに驚かされました。曲によって意識的に歌い方を変えておられますか?どんな風に歌い方を決めていますか? 歌い方は感情からくるものよ。割とすごく自然にしてて、その歌が聴こえるべきように感じた方法で歌っているだけ。その曲のテーマとか歌のスタイルに合わせているのよ。Q. 今回のアルバムは全体がラジオを聴いているような作りで、非常に面白くユニークだと思いました。どういうコンセプトで作られたのでしょうか?また、なぜこういう作りにされましたか?アルバムを作るとき、それが楽しくて喜びに溢れてて、嘘のないものであってほしいと思ったの。すべての歌が心からのものだったし、ただ単に私達の真実を世界中に分け合いたいと思って、楽しんでやりたかったの。Q. すべての曲間の流れが非常にスムーズで、途切れることなく次の曲が始まって、アルバム自体が一つの物語のように聞こえました。音楽が1曲単位で売られている現状の中で、アルバム全体を楽しんでほしいと思って作られている印象を受けました。曲順など意識した部分はありますか?また、リスナーの聴き方を意識して作られましたか?曲順には特にこだわったわ。歌は意味をなすためには確かな順序で並べられなくてはいけないと思っていて、語られるべきストーリーがそうすることで語られるの。私達のアルバムを聴きたいと思った誰かにとって、アルバム全体がすべての経験として聴いてもらえるものにしたかったの。Q. Partnerの音楽性に影響を与えたアーティストについて教えてください。たくさんのアーティストに影響を受けてきたわ。Jimi Hendrix、 Blink 182、 Ween、 Hole、 Avril Lavigne、 Metallica、 Celine Dionとかね。私達が若いころに影響を受けたアーティストもいるし、その姿勢やサウンドに影響を受けたアーティストもいる。そのアーティストの全てが真実を歌っていて、その部分が私達がいいと思っているところなの。 Q. 今作をどんな風に聴いてほしいですか?どんな形でもいいから、聴いてほしい。レコードやCDを買ってくれてもいいし。ストリーミングで聴くのもいいし。友達から借りてくれてもいい。聴いてくれるすべての人に感謝するわ!Q. あなたがたの次の活動が楽しみです。今後の計画や次の目標は決まっていますか?EPをもうすぐ出す予定があるのよ。またお知らせするね。Q. 日本のリスナーへメッセージをお願いします。こんにちは日本の皆さん!聴いてくれてありがとう!そのうち日本でプレイできたらなあと願っています!                                                                                 [Answer from Partner]【Partner】

Interview with Fever Blush

Q. How did you guys meet? Can you detail your story behind you forming the band?We initially met because we were all involved in the Nashville DIY scene individually. We all played in different bands and would play shows together at the local spots. We formed Fever Blush knowing we were all like minded in being very song-centered, meaning we had a similar understanding of the importance of the song and value strong songwriting over any other aspect of being in a band. When we first started, we wrote together for like 30 hours over the course of a few days and completed our first few songs. Some of those we don’t play anymore, some of which we revisited and rewrote, some of which remain almost exactly the same as the day we wrote them over two years ago. - ChaseQ. Please tell us the Origin of your band name Fever Blush, and your experience or experiences when you decided the name. We performed under a few different names until we settled on Fever Blush. Lean was the name we had prior, and we had to change it because we found out there was another band using that same name. We knew we had to change our name before we could release the EP “Remember, Forget,” and we decided on Fever Blush pretty quickly. - JennaQ. Your music includes beautiful noise and it’s dreamy at the same time. Do you create all music together? How did you create and record your songs?We’ve written every song together so far. One of us usually comes to band practice with an instrumentation idea like a chord progression or a lead guitar line, and then we work off of that all together at the same time. I usually try to figure out vocal melodies while everyone else is playing. We play around with noise while writing and a lot while we are recording. These songs we recorded in two places. Some of it was done in a studio called 4115, and Chase recorded a lot of it at his house where we wrote the songs originally. - JennaQ. All the songs in this EP are changeable and it shows a lot of expressions. Jenna’s vocals are sweet and subtle which is fascinating, and we think the vocals, the backing vocals, and the music itself are a perfect balance! How do you create your vocals and all your harmonies? Is there anything you are particular about when creating your wonderful harmonies?Jenna and I work really hard on the melodies and lyrics. Usually, it’s us digging deep into her ideas to shape and form them into what best serves the song itself. I love doing harmonies and it’s a pleasure being able to support Jenna vocally. Our voices both compliment the other’s very well, which makes writing much easier in that way. We like the girl/boy dynamic vocally, but we always try to avoid sounding like it’s a duet. That’s a blurry line sometimes, so we spend lots of time on vocals when writing and recording in order to land on the perfect melodies, harmonies, and lyrics. -Chase

Interview : Fever Blush

Q.  バンドを結成したいきさつを教えてください。僕らは最初、それぞれにナッシュビルのDIYシーンで活動していて出会ったんだ。皆違うバンドで活動していて、よく地元の色んな場所で一緒にライブをしてたんだ。僕らは全員が、かなり曲を重視するっていう考え方が同じだって分かってFever Blushを結成したんだ。つまり、バンドとしての他のどの側面よりも、曲を書くことに重点を置いてて、曲の重要性について同じ考えを持っていたってことだよ。僕らはバンドを始めたころ、数日間にわたって約30時間一緒に曲を書いて、最初の数曲完成させたんだ。このうちのいくつかの曲はもう演奏していないものもあるし、考え直して書き換えたものもある。2年ほど前に僕らが書いたあの時とほとんど同じ状態で変わっていない曲もあるよ。– ChaseQ.   Fever Blushの名前の由来を教えてください。またどうやってバンド名を決めたのでしょうか?私達がFever Blushって名前に落ち着くまでは、いくつか違う名前で活動してたの。以前は、Leanって名前で活動していたんだけど、同じ名前を使ってるバンドが他にもいることが分かって、名前を変えなければならなくなったの。私達はEPの『Remember, Forget』を出す前には名前を変えなきゃいけないって分かっていたから、かなり急いでFever Blushって名前をつけたのよ。– JennaQ.   あなた方の音楽はノイジーかつドリーミーで、非常に魅力的なサウンドだと思いました。曲作りはどんな風に取り組まれていますか?今作はどのように作曲、レコーディングされましたか?私達は今のところ、すべての曲を皆で書いているわ。私達の誰か一人が、たいていコード進行やリードギターのラインのようなアイデアを持ってバンドの練習に来るから、そのときのコードやラインから皆で一緒に曲を作り上げていくの。私は大体皆が演奏している間にボーカルのメロディーを考えだすことが多いかな。私達は曲作りの間にノイズで色々遊んでみるのが好きで、レコーディングの最中もたくさん試してみるの。こうやってできた曲を、2つの場所でレコーディングしたのよ。何曲かは4115と呼ばれるスタジオで録音して、その他のほとんどの曲は私達が最初に曲を書いたChaseの家で録音したのよ。– JennaQ. どの曲も変化があって表情が違うのに、Jennaさんの甘く繊細な歌声が非常に魅力的で、ボーカルとバックボーカル、サウンドのバランスが絶妙だと思いました。サウンドとボーカルのハーモニーを作り出すのに、意識しておられることはありますか?Jennaと僕は、メロディーと歌詞を作ることにすごく力を入れてやっているんだ。大体、彼女のアイデアを深く掘り下げていって形にして、その曲に一番合うように作っていくんだ。僕はハモりが好きで、Jennaの声をボーカルで支えられるのが楽しい。僕らの声はお互いをすごく引き立てあうから、そういう面では、曲を書くことは比較的簡単だと思う。僕らは女性と男性の変化のあるボーカルが好きなんだけど、いつもデュエットみたいには聴こえないようにしているんだ。時々、そこが曖昧になっちゃうから、完璧なメロディー、ハーモニー、歌詞にするために、曲作りとレコーディングにはたくさんの時間をかけるようにしているんだよ。– Chase

Interview: Bully

Q. バンドを結成したときのことについて、教えてください。私がThe Stone Foxっていうライブハウスで音響を担当してたときにベースのリースがそのライブハウスでブッキングを担当してて、そこで働くうちに知り合ったの。ギターのクレイと最初のドラムのスチュワートはセントルイスで同じ学校に通ってて。大学に入って、スチュワートと私が一緒にバンドを組むことになったの。一事で言うと、私たちは皆、こうして一緒に演奏するようになる前からの友達だったのよ。Q. バンド名の由来について教えてください。バンド名のBullyは、最初に書いた『Bully』(EP)の曲の中で、「Bully」ってタイトルの曲からとったの。バンドの名前の意味を考えると、ちょっと面白味がないかもしれないけど、Bullyの歌は自分自身と戦うこと、自分の内側にある嫌なもの、自分にいじわるをしてくるようなものや自分を困らせるようなものと戦うことについての歌が多いの。それから逃れてもっといい場所にたどり着く方法を見つけ出すってことを歌ってる、そういう歌が多いから。Q. ボーカルのアリシアさんは、ミドルテネシー州立大学でオーディオ・レコーディングの学位を取得したということですが、この時点でバンドのボーカルとして活動することを視野に入れていたのでしょうか?高校生活の終わりの方になって、オーディオ・エンジニアリングだけは少しは興味があって目指していけそうだと思ったの。だから、大学でそれを学ぼうって決めて。昔から、音楽に関わることがしたいなとは思っていたけど、大学に行って音楽やバンドをしている人達に囲まれるまではどうやったらいいのか分からずにいたの。Q. スティーヴ・アルビニ氏のスタジオ、エレクトリック・オーディオでのインターシップの経験について教えてください。また、アリシアさんにとって、スティーヴ・アルビニ氏とはどのような存在ですか?エレクトリック・オーディオ・スタジオでインターンシップをしたのは、自分達のレコードをテープに録音するためっていうのが最大の動機だった。スティーブ・アルビニ氏は素晴らしいエンジニアだと思うわ。Q. アルバム“Losing”は前作“Feels Like”同様、攻撃的で人の心を揺さぶるサウンドを残しつつ、丸みを帯びてより洗練されたものになったように感じました。前作と今作とで、レコーディングの仕方に違いはありましたか?『Losing』の曲を描いてるとき、ちょっと違う曲の書き方をしたかったの。もっとリードギターのパートで色んなことを試してみたくて。それで結果的に曲の間の中にたくさんスペースができて、全体的に安定感が出たんだと思う。あとは、このレコードを作ってる間、私とクレイとリースはかなりハードにライブをやってたし、お互いの音楽性をもっと理解することができた。それで、自分達が2枚目のアルバムをもう少し成熟したものにしたいって思ってることが分かったんだと思う。Q. 今作にコンセプトがあれば教えてください。『Losing』のすべての曲と「Feel The Same」はバラバラの状況についての曲だから、本当のところ、アルバムを通した全体的なコンセプトはないの。Q. Bullyの音楽に影響を与えたアーティストや音楽があれば教えてください。キム・ディールとThe Breedersは私に多大な影響を与えてくれている存在。The Breedersのレコード『Pod』は初めて聴いたとき衝撃だった。私はそのレコードの中にある空間と彼女のボーカルがすごく好きなの。一体どれだけ調和を無視するんだろっていう音と、完全に自分を違う世界に連れってってくれるようなところがとても好き。私が『Pod』を聴いたときと同じような気持ちにさせてくれるアルバムは、他にはほとんどないわ。Q. バンドとしての今後の目標を教えてください。ツアーを続けて、レコードを作って、その過程でもっといいミュージシャンになれたらいいなと思う。Q. このアルバムをどんな風にリスナーに聴いてほしいと思いますか?アルバムの曲順を決めるのにたくさん時間を使ったの。だから皆には、最初の曲から最後の曲までとばさずに、たったひとりで、大きなスピーカーから流して聴いてほしいな。Q. 日本のファンにメッセージをお願いします!私達が日本で演奏できるように、皆のお友達に私達のことを伝えてね!!!!                                                                                 [Answer from Alicia] 【Bully】2013年に米ナッシュビルで結成されたインディーロックバンド。2015年にファースト・アルバム『Feels Like』をリリースし、メディア各誌で絶賛された。昨年、名門インディー・レーベルSUB POPに移籍後、セカンドアルバム『Losing』をリリース。真っ直ぐで心を揺さぶる音とVo.アリシアの魅力的なボーカルが耳をとらえてはなさない。考え抜かれた曲順と、彼女の葛藤が表れたサウンドを、大きなスピーカーで全開にして聴いてほしい。